f0042295_22044917.jpg

同じ血族でも育った環境でこんなにも考え方の違いになるものなのか…金正男氏が東京ディズニーランドへ偽造パスポートで来日した際に当時幼かった彼は日本の土を踏んでいた。





20世紀の負の遺産であるマルクス・レーニン主義。




こんな利口馬鹿の理屈を信奉しているのが未だに信じられません。




自由や民主主義って尊いものです♫





共産主義は人権や宗教までも否定します。彼は祖国の為にどう行動するんだろうか。
f0042295_08304700.jpg

春二番が吹く突風の中を浅草演芸ホールさんへ。




雨まで降って来た。コンタクトレンズは楽屋入りしてからする事に…眼鏡で(苦笑い)
f0042295_08304841.jpg


楽屋入りすると柳亭左龍兄さんが下りて、三遊亭歌笑師匠がちょうど高座へ上がったところでした。楽屋根多を収集して楽屋噺をこさえる落語協会秘密諜報員の(笑)春風亭勢朝兄さんが『大須演芸場の一件のウラを取る!柳朝さん〜証人になれ!』 f^_^;





三遊亭歌笑師匠の大須演芸場の一件とは?




改築前の旧い大須演芸場さんで亡き古今亭志ん朝師匠が独演会をやってらっしゃいました。楽屋へ挨拶をしに来た歌笑師匠。中日新聞の芸能担当記者である黒川さんと云う方が2階席から志ん朝師匠の高座を見たいと言うので、歌笑師匠は案内されたそうです。バランスを崩された歌笑師匠が背後へヨロヨロっと倒れてしまった…たまたま背後に消化器が置いてあり、歌笑師匠のお尻(肛門)が消化器の取っ手へハマり…『鈴ヶ森』の追い剝ぎみてえだ(笑)




あれよあれよという間に消化器の粉と煙が2階席から1階席の高座までブワッ〜!!!ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘




この時に志ん朝師匠が喋っていた噺が『火事息子』(苦笑い)




当時二ッ目で楽屋に居たのが三遊亭窓樹兄さん(萬窓師匠)。萬窓兄さんから事の顚末を聴いた勢朝兄さんが楽屋でこのエピソードを話しても『ウソだよぅ〜勢朝の根多だろ!サゲからこさえたんだろう…火事息子って出来過ぎだよ。また法螺を吹いて。』




勢朝兄さん『誰も信じてくれない!!!!!!!!!(◎_◎;)』




嘘つき弥次郎と云う噺がありますが、普段の袴ならぬ普段の行いが…こういう時に(笑)




たまには本当の事を言う!




秘密諜報員は『秘密を直ぐ喋る!』工作員には絶対になれません(笑)

f0042295_08532922.jpg


さて~『火事息子』は三遊亭圓生師匠と林家彦六師匠でお馴染みの人情噺♫




一門の五明樓玉の輔兄さんが偶然に発見して火事息子のマクラでおやりになりますが、青蛙房『増補 落語事典 東大落語会編』の火事息子のページがナント… 【119ページ】へえ~♬(爆笑)




この事実にもビックリした!(◎_◎;)




『火元へ礼にやりましょう。』




後日…三遊亭歌笑師匠は志ん朝師匠に詫びを入れに行かれた。火元が詫びに(汗)




『良いんだよ。歌笑さん〜故意じゃないのはわかってるんだから。』と三越百貨店でセーターを買ってくださったそう。(*≧∀≦*)



f0042295_22180231.jpg

物凄い突風でした。T_T




春一番の後は春二番(笑)
f0042295_04375392.jpg

黒門亭がハネてから国立博物館へ。春日大社に奉納されている国宝や重要文化財を鑑賞♫



特に赤糸威大鎧などの甲冑鎧兜国宝4点が勢揃いする最終日だったんで観に行こう♫
f0042295_04375460.jpg

春日燈篭のエリアは写真撮影OK。
f0042295_04375470.jpg

青春18きっぷで奈良を訪れましたが、春日大社は式年造替中でござんした。直江兼続が寄進した春日燈篭も見たな。2013年8月30日の過去ブログ記事をご覧ください。
f0042295_04375536.jpg

旅心が疼く(笑)
f0042295_20100696.jpg

黒門亭一部へ。主任で『紺屋高尾』を根多出し。いっぱいのお客様方ありがとうございました!




柳家はん治師匠が西武新宿線の踏切人身事故ではん治師匠御当人とお弟子さんの柳家小はださんが届かず…鈴本さんから前座さんの柳家壽伴さんと橘家門朗さんが応援に(汗)




三遊亭小歌師匠が長めに繋いでくださり仲入り。無事にはん治師匠は到着!ハーハー仰ってました(笑)





主任のワタシが上がったのは10分押し…二部の開演時間もあるので前半を少々カットして中盤からサゲまでテンポ良くまとめてみました♫ それでも30分掛かる根多。
f0042295_20100706.jpg

高座と差配にてんやわんやの林家 扇ちゃん。二日酔いだったようで(笑)お疲れ様でした。

f0042295_20341092.jpg

西武池袋線に乗って大泉学園駅へ。松本零士さんが住んでいた場所。銀河鉄道999の車掌さんが迎えてくれました♫
f0042295_20341139.jpg

楽屋で崎陽軒のシウマイ弁当を頂いて…
f0042295_19592220.jpg

出囃子はCD♫
f0042295_20341149.jpg

古今亭 始さんとストレート松浦さんとご一緒!
f0042295_20341235.jpg

『鈴ヶ森』始さん~『ジャグリング』ストレート松浦さん~『蛙茶番』柳朝♫
f0042295_20341389.jpg

ヨルは浅草演芸ホールの代演へ。『猫の皿』。いま高座後に田原町の甲州屋さんで晩酌中。隣りの酔っぱらいオジサンが『蕎麦屋のカレーうどんは美味いよ♬ あの遠藤実もカレーうどんの大盛りを喰ってそのまま死んだ!』って『亡くなったのは船村徹さんでしょうが!』(笑)
f0042295_20545323.jpg
船村徹先生の奥様が『主人は夫としては最低でしたが、作曲家としては最高でした。』



このコメントを聴いて逆だったら…ワタシは複雑な気持ちになる(笑)



『作曲家としては最高でしたが…夫としては最低でした。』ギャア!!!

f0042295_07225942.jpg

白金台にある八芳園へ。三遊亭時松さんの真打昇進お披露目パーティーの打ち合わせ。
f0042295_07230077.jpg

江戸時代は大久保彦左衛門の下屋敷跡♫
f0042295_07230151.jpg

打ち合わせ後に2人でお庭を散策。樹齢100年〜300年の盆栽がズラリ!(◎_◎;)
f0042295_07230135.jpg

サクラサク♫
f0042295_07230269.jpg

2人で目黒駅前まで移動して、ラーメン『藤しろ』で。素材にこだわった優しい味わいの一杯でござんした。
f0042295_08430795.jpg

『饅頭こわい』と云う噺があります。饅頭の由来は結構おっかないんだよな… (>_<)




三国志で御馴染みの蜀の諸葛亮孔明が南征した時に現地の人が河岸へ人身御供(ひとみごくう・旧い言い回しだね〜)として、人間の頭を捧げる風習があった。其れを陣中から見た諸葛亮が小麦粉の皮で羊や豚肉や野菜を包んで代わりに備えた…





詰まり『人の頭〜饅頭〜まんとう〜まんじゅう』(ToT)/~~~

f0042295_08265245.jpg

f0042295_08265387.jpg

『饅頭にて暗(餡)殺さる』(笑)北朝鮮の金正男氏がマレーシアで暗殺されたニュースが駆け巡ってます。
f0042295_14081089.jpg

怖いよ〜う!怖いよ〜う!怖いよ〜う! もう良いですか?(笑)



お前は一体〜何が一番怖いんだ?




えぇ〜中華饅頭『中村屋のあんまん』が怖い♫




ワタシはあんまんが怖い! 子供達はピザまんが怖い!(笑)

f0042295_08461185.jpg

新宿・中村屋さん〜何故に? 『あんまん&ピザまん』は販売してくれないの? (ToT)
f0042295_12524997.jpg

朝から大田文化の森へ。亡くなった元・NHK塚越アナウンサーが大切に育んでいた『森で言葉を楽しみましょう』の集まりへゲスト出演♫





立ちでお喋りして一席(笑)





一緒に朗読や外郎売の口上や寿限無の言い立ても発声。
f0042295_09452731.jpg

東海道新幹線のダイヤが米原〜関ヶ原付近の積雪で乱れるのは仕方がないのな。。・°°・(>_<)・°°・。




関東平野の様に高い山脈(谷川岳などの)がありません。川端康成先生の『雪国』の名文を想い出します♫


f0042295_13405410.jpg

この辺りでは唯一…伊吹山!




名古屋にも雪が降るのはよ〜く理解デキる。