寄席は不思議な空間

f0042295_2036423.jpg

f0042295_2036463.jpg

保育園のお迎えをしてから、仕事帰りなのに急いで晩御飯の仕度に取り掛かるカミサンに子供達をバトンタッチして寄席出勤。




喬太郎兄さんと楽屋で暫しの芸談。昨晩兄さんがやった【宗漢】というネタは初めて聴いた噺。落語事典などでは読んだ事がありましたが、現代の噺家が息を吹き込むとまた新鮮だ。本来は中国が舞台なんですよね?サゲが『金玉』にも笑ってしまった♪



毎晩通って下さる熱心なお客様もいらっしゃるので10日間ネタを変えて喋ってます。爽やかな秋晴れだったので…【目黒の秋刀魚】だ!と想いましたが、案の定ヒル席で出ていました。然もね〜【秋刀魚火事】も(苦笑い)




今晩はお後の橘家文左衛門兄さんが届いてなかったんで、繋ぎの状態で高座へ(笑) 文蔵師匠の十三回忌だったんで直伝の【鹿政談】を♪ スゥ〜と噺へ入りましたら、袖で前座の林家けい木さんが【唖の魚釣り】のように『手を横に長ぁ〜く!長ぁ〜く!』と手真似でやってました(爆笑) お裁きをくさぁ〜く。





寄席は面白いところでござんす♪