尾崎士郎記念館〜蘇峰公園

f0042295_16403641.jpg

f0042295_16403625.jpg

f0042295_16403696.jpg

f0042295_16403684.jpg

f0042295_16403666.jpg

馬込文士村の放送局と呼ばれた(笑)尾崎士郎の旧宅近くには…







ジャーナリスト・評論家として有名な徳富蘇峰の旧宅『山王草堂』が現在…大田区立蘇峰公園として整備され維持されてます。静岡新聞社が所有していましたが、昭和61年に大田区が譲り受けて蘇峰公園『山王草堂記念館』として現在に至ります。ジャーナリストとして雑誌『国民之友』を発行。5歳下の弟が作家・徳富蘆花。以前に芦花公園にある世田谷文学館でも落語を喋ったなぁ〜不思議なご縁。







徳富蘇峰は大正13年〜昭和18年に静岡県熱海市伊豆山へ移るまで此方へ住んでいました。因みに伊豆山の旧宅は『晩晴草堂』。






同志社英学校では新島襄の教え子になる訳です。新島襄から蘇峰への手向けの言葉が『大人にならんと欲せば、自ら大人と思うなかれ』 新島襄から譲り受けたアメリカの花『カタルパ』の三代目が園内には咲き誇ります。5月〜6月に2週間ほど開花するそうなので今度…カタルパの花を愛でに来よう♪







記念館には貴重な資料が多数ありました。特に手紙や葉書の遣り取りは声に出して読んじまった(笑)







勝海舟…伊藤博文…中村吉右衛門…与謝野晶子…鳩山一郎…池部鈞[ひとし](洋画家・往年の二枚目俳優である池部良の父・池部良さんは大森出身!)…緒方竹虎の直筆葉書には驚きました。竹虎さんって…こういう字体だったのか。昭和24年2月3日って事は公職追放中の時期かな?五反田に住んでいたのな。





映画『小説吉田学校』で主役の吉田茂は森繁久弥。緒方竹虎の役を池部良が演じていました。






今度TSUTAYAで借りて観てみよう(笑)