赤線の匂いが残っていました

f0042295_20172115.jpg

f0042295_20172137.jpg

f0042295_20172170.jpg

f0042295_20172145.jpg

大須演芸場さん楽屋に置いてあった雑誌を読んでいましたら、中村界隈の情報が…






元々…我が家[谷田家]の菩提寺とお墓は中村にある浄土真宗大谷派・西光寺さんでした。この辺りは名古屋大空襲でも焼け残りましたので、大正・昭和の建物や町の匂いがあちらこちらに残っています♪ 旧・赤線の名残もそうです。中村遊郭は大須観音の近くにあった旭遊郭が郊外に移転して新しくできた遊郭です。大正12年、大阪の飛田遊郭から遅れること5年目の春に営業開始。吉原を上回る3万坪の土地に139軒の店があり、2千人の娼妓がいたそうな。





写真の料亭『べんがら亭』は大店だった旧『稲本』。





『明烏』や『付き馬』や『首ったけ』や『お茶汲み』などにも登場する遊廓って…コレじゃん!!というディープな建造物が目の前に現れてワタシは独り興奮しておりました(笑)