肥前・佐賀・SAGA

f0042295_234411.jpg

f0042295_234442.jpg

f0042295_234487.jpg

f0042295_234434.jpg

f0042295_234423.jpg

日本の近代化をリードした幕末の佐賀藩。その史跡をこの眼で確かめたい!






ホテルへ戻ってから、フロントで傘をお借りして歩いて佐賀城まで…『お客様…バスを利用された方が?そんなの関係ねぇ~!』先ずは佐嘉神社へ参拝。






これか!アームストロング砲!







『井戸の茶碗』で、『そんな事をしたら、あたしゃあ~アームストロング砲で撃たれる!』って屑屋清兵衛さんが言う件があります。車輪が付いた移動式のアームストロング砲は幕末の肥前佐賀藩で産み出された大砲♪







産業革命は鍋島のお殿様が始めたと言っても過言ではありません。長崎も近いから西洋列強の文明をいち早く取り入れる柔軟さがあったんでしょう。






【佐賀の七賢人】。北海道開拓とも縁が深い~鍋島直正。鍋島のお殿様である直正公は明治新政府で、蝦夷地開拓使長官を歴任!






また直正公の命により、蝦夷地・樺太(サハリン)探検をし、札幌市街の建設を進めた島義勇(よしたけ)♪サッポロの恩人でござんす!






また西南戦争の際に博愛社を作り、日本赤十字社の初代社長になる佐野常民。






外務卿や民選議院設立建白書を提出した副島種臣。






江藤新平と共に江戸遷都論を主張し、東京府知事から文部卿・司法卿として民法制定など法整備に貢献した大木喬任(たかとう)。






初代司法卿となり、後に佐賀の乱で島義勇と共に明治新政府に敗れた江藤新平。







立憲改進党を作り、早稲田大学の創設者。日本初の政党内閣を組織し二度の内閣総理大臣になった大隈重信。






スゴいぞ!佐賀(SAGA)♪