2017年 03月 06日 ( 2 )

f0042295_16485683.jpg

我が家の末っ子も先日…6年生をおくる会の司会を務めたよう(笑)
f0042295_16485616.jpg

直向きな一面が愛おしいです♫
f0042295_16485745.jpg

お父さんは西武新宿線に乗って『東大和市駅』へ。西武バス『久米川駅行き』に乗って、バス停からGoogleマップのナビゲーションを使って東大和市立第三中学校。
f0042295_16485789.jpg

川越市民の古今亭志ん八さんと紙切りの林家楽一さんと3人で80分の公演。
f0042295_16485879.jpg

ステージ袖は冷え込みます。(^_^;)
f0042295_16485901.jpg

中学三年生と地域の方々に楽しんで貰いました!我が家の長男と同級生か(笑)

f0042295_08075446.jpg

大好きな京浜急行に乗って『鶴見市場駅』まで。『パーリィ♫ラリラ〜♫』 (*≧∀≦*)
f0042295_08075464.jpg

楽屋のネタ帳を見たら、二ッ目の朝之助時代以来(笑)13年振りにお声をかけて頂きました。弟弟子の朝太郎さんと一緒に。バード寄席で主任(トリ)…
f0042295_08513508.jpg

楽屋の床の間に朱子の掛け軸が飾ってあった。初午の『明烏』を思い出します。



【少年老い易く学成り難し 一寸の光陰軽んずべからず 未だ覚めず池塘春草の夢 階前の悟葉すでに秋声】



読み下し文【少年(しょうねん)老い易く(おいやすく)学成り難し(がくなりがたし) 一寸(いっすん)の光陰軽ん(こういんかろん)ずべからず 未だ(いまだ)覚めず(さめず)池塘春草(ちとうしゅんそう)の夢(ゆめ) 階前(かいぜん)の悟葉(ごよう)すでに秋声(しゅうせい)】




少年は直ぐに年をとるが、学問はなかなか進まないので、わずかな時間でもムダにしてはいけない。青春時代の楽しい夢に浸って居る間に軒先の青桐の葉には秋風が吹いている。
f0042295_08075587.jpg

帰り道は京浜急行『八丁畷駅』から。
f0042295_08075638.jpg

f0042295_08075662.jpg

蜆汁は美味い♫