<   2017年 11月 ( 41 )   > この月の画像一覧

f0042295_23222720.jpg
第40夜のきさらぎ寄席へ沢山の御来場厚く御礼申し上げます!






毎月〜毎月〜喋っているのが段々と楽しくなって来てます(笑)




次回は来年平成30年1月25日(木)18時30分スタートでござんす♫




珪藻土のバスマットを買いました!




足跡が直ぐに吸収されて面白いわ〜!  (*≧∀≦*)

f0042295_06581385.jpeg
おはよう御座います!




NHK放送センターから中継する酒井さんも寒そう。f^_^;
f0042295_06312755.jpg
一日中…雨。




今晩は池上『きさらぎ寄席』デス♫




今年度の最終回。お待ちしております!




きさらぎ寄席の日は雨降りが多い(笑)
f0042295_06544121.jpeg
『烏カァ〜』で、(笑)夜が明けて来た!

f0042295_18412250.jpg
いい肉の日デス!
f0042295_21280585.jpg
芝消防署員の芝  キュータさん(笑)
f0042295_21285620.jpg
御守りが胸ポケットへ入ってました♫
f0042295_21285728.jpg
素敵!  (*≧∀≦*)

f0042295_10331447.jpg
昨夜は菊之丞師との二人会。30回目!
f0042295_10331546.jpg
ハネた後は前座さんとお好み焼き♫
f0042295_10331646.jpg
オーナーさんの御厚意で四人でご馳走になっちゃいました! (*≧∀≦*)
f0042295_10331674.jpg
山手線に乗ると大崎止まり。品川駅から最終の京浜東北線・蒲田止まりには間に合いません。




すでに午前1時を回っています。五反田駅で降りてタクシーで帰宅…




かなり酔っていたんでしょう?




朝~登校する末っ子に起こされて、携帯電話を視ると少しズレたラーメンの写真が残ってる(苦笑い)




帰宅したのが2時…




昨夜もいろいろと楽屋見舞いを頂戴しました。





誠にありがとう御座います!

f0042295_07543281.jpg
昨日も浅草演芸ホールへ。彦いち師と…
f0042295_07543395.jpg
菊太楼師…
f0042295_07543441.jpg
鮨屋で一杯♫
f0042295_07543537.jpg
松茸の土瓶蒸しを食べながら♫
f0042295_07543637.jpg
お鮨の握りは!   (*≧∀≦*)

f0042295_08145200.jpg
脱北した兵士の映像には衝撃を受けました。地上の楽園は地獄絵図なんだと。
f0042295_08145385.jpg
昔は板門店(はんもんてん)って呼んでましたが。焼肉屋か?(笑)




今は板門店(パンムンジョム)。休戦協定ライン。




朝鮮戦争は金日成(キムイルソン)がスターリンの支援を受けて、南侵(共産化)を独断で開始したのが発端だと歴史家は分析。




鴨緑江にかかる鉄橋(戦前に日本が建設した橋!)の通行を中華人民共和国がストップさせたニュースにも注目しております。




核実験場の坑道現場近くでも多くの人々が亡くなっています。愚かな指導者の所為で。
f0042295_10042702.jpeg

同じ国家の人間を銃で撃つ。命令任務とは言え『本当は俺も自由になりたいな…』と




思いながら銃口を向けて同胞に発砲したのか?




同じ軍人同士で殺し合わなければならない事実で思い出したのが、




昨夜~浅草演芸ホールの帰り道に読んだ三島由紀夫『憂国』と云う短編小説。




勿論…民族も違うし体制も違うし死に対する考え方(死生観)も違うが。




今から47年前(昭和45年はワタシが産まれた年)の昨日・11月25日…




作家・三島由紀夫は楯の会メンバーと共に陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地へ乗り込みました。




銘刀『関の孫六』を持参して。(五代目・柳朝師の井戸の茶碗にも登場します。)




短編小説『憂国』の中で、仲の良い仲間たちを




反乱軍(2・26事件)として斬らねばならぬのには堪えられない…ってんで




若い陸軍士官(近衛兵)夫婦が切腹して命を絶つ描写が克明に描かれています。




愛し合う夫婦の心理描写には惹かれましたが…後半は読んでいて寒気がし、恐ろしくなりました。




三島さん~!あの『潮騒』を読んだ後の何とも言えない爽快感は一体何だったの?(苦笑い)




あの事件後の瑤子夫人の壮絶な苦労を番組で知る。出来た女性だったのな。




『憂国』の麗子は陸軍中尉の良人(おっと…三島由紀夫作品には独特の漢字るびが登場する)の切腹を見届けてから命を絶つ。




しかし現実世界の三島由紀夫夫人の平岡瑤子さんは遺された二人の子供達と三島文学作品を全力で守った。

f0042295_14232726.jpeg
篠山紀信さんの写真集に南馬込のロココ調のお宅の様子が遺っているんだ。




二階から眺めるとこんな風に…




『アポロの杯』と云う旅行記・随筆集がある。

f0042295_14235145.jpeg
12歳年下の瑤子さん。日本画家・杉山寧の長女。仲人・媒酌人は川端康成。
f0042295_14241442.jpeg
その瑤子夫人も56歳でお亡くなりになりました。




今でも近所の人に三島由紀夫邸へ鰻を出前したという方からお話を聞いた事があります。




生と死は隣り合わせか。






だが軍人の心境だけは…ワタシは理解できない。スイマセン。


f0042295_22043027.jpg
今夕は浅草演芸ホールへ。
f0042295_22043154.jpg
赤提灯がオレを呼んでいる!
f0042295_22043296.jpg
浅草だねー。
f0042295_22043324.jpg
前座時代を一緒に過ごしたメンツばかりです(苦笑い)
f0042295_22043400.jpg
ヒルは橘之助師匠の札が輝いてます♫
f0042295_22084265.jpg
うな鐡で軽く一杯。昨夜は新宿三丁目で何合呑んだろか?



銀杏・鰻巻きを食べながら一合で締め。
f0042295_22084335.jpg
朝は鍋焼きうどん。昼はパスタだったんで…
f0042295_22084416.jpg
美味かった!



東武浅草の本屋で、三島由紀夫『花ざかりの森・憂国』を購入。



47年前の今日(11月25日)は三島由紀夫さんが自決した日。



いま憂国を読み終わったところです。

f0042295_09103763.jpeg
新宿伊勢丹にある虎屋菓寮へ。
f0042295_08224131.jpg
生菓子はほぼ売り切れ!




林檎の生菓子は残っていた♫
f0042295_09085235.jpeg
新宿三丁目にある居酒屋千草へ。





千草のマスターの指が…
f0042295_09091128.jpeg
あの~マスター。レンズに指が…(笑)






寺脇 研さんから『柳朝さん…一献如何でしょうか?』




お誘いを受けました♫
f0042295_09093489.jpeg
映画や芝居や落語界の話で和気藹々♬




視てくださいませ。しがらみから解放された極上の笑顔(笑)




金八兄さんと恩田えりさんも盛り上がってました!




寺脇さんが文部科学省の官僚時代に都立高校の改革で、




農業関連の高校廃止に待ったをかけた事があったそうです。




全て普通科にしろ(苦笑い)




ウチの長男が都立園芸高校へ入学した事をfacebookで知って大変に喜んでくださってます。



寺脇さんの判断は間違っていなかった。



毎日〜野菜部で収穫してくる野菜の写真を観てくださったんだね♫ (*≧∀≦*)
f0042295_09095123.jpeg
お疲れ様気味だった三朝さんも付き合ってくれました。



明日はAKBを追っかけて秋田県まで奥さんと行くそうだ(笑)
f0042295_08324059.jpg
チョーヤではありません。三朝デス♫




寺脇さん〜ご馳走様でした!




倅が成人しましたらまた、呑みましょう♬

f0042295_13423764.jpg
ストロングブレンド!ミルク・砂糖たっぷり入れて…
f0042295_13423766.jpg
小倉フレンチトースト。
f0042295_13423863.jpg
花垣を♫



納豆におでん(笑)