f0042295_22145692.jpg
可愛い!





ウチのカミさん〜ムーミンの新作切手を大量に購入(笑)






2月下席は上野鈴本演芸場さんのヒルの部(主任)デス。





割引ハガキのデザイン完成しましたら、当ブログ・facebook・Lineなどでお知らせします♫

f0042295_14585794.jpeg
ウチの妹が好きだったグループにノルウェー出身の『a-ha』と言う三人組が居た。





『Take on me♫』や映画007のリビング・デイライツの主題歌♫もヒット。





大ファンである妹が真駒内アイスアリーナでa-haのコンサートがあるので行きたい!





お袋が駄目!(汗)





親父が乗っていた車もスウェーデンのSAABと云うアブラムシみたいな感じのクルマだった(笑)





ABBAと云う四人組(文化大革命みてえ!)の『Dancing Queen♬』はいま聴いてもノリノリで新鮮!





Volvo(ボルボ)・キシリトール・ノーベル賞もそうですが、スカンジナビア半島はユニークです。
f0042295_14591372.jpeg
ンで…





ねえ~ムーミン?こっち向いて?(笑)





センター試験の地理問題が世間を騒がせている。





習ってません!!!!!。知りません!!!!!。だから落ちるんだ。






まあ…かく言うワタシも東京中日スポーツ(トウチュウ)と東スポの区別が出来ていませんでした!(笑)






『ニルスの不思議な旅』NHKで放送していたアニメーションはお袋も見せてくれた♬ モルテン。





『小さなバイキング・ビッケ』このアニメーションは民放だったかな?





※(因みに海軍のNavyと云う単語はバイキングの水軍が語源よ。)





この番組もお袋は見せてくれた!そう…お袋が…





この世を支配しているのはお袋! ママだ!!!!!『怒らないから言ってごらん…』(汗)





今回の一件でムーミン一家も溜息をついているかも? 






ムーミン・ママも思わず…






『まだまだねえ。』


f0042295_09043110.jpg
戦争の結末はこういう事だ…
f0042295_09043244.jpg
ローマ法王の言葉にはワタシも同感です。

f0042295_05485225.jpg
昨夜のNHKのBS『平成細雪』の第二夜も楽しく拝見しました♫




三女・蒔岡雪子のお見合いの話を中心に物語が展開されます。




この不思議なお嬢様の味を伊藤歩さんがイイ味出してる(笑)




原作者の谷崎潤一郎は婚姻について小説を書くのをテーマにされていたのかな?




ワタシは恋愛結婚だったので、お見合いをした経験がありません。




見合いも良いな(笑)




三女・雪子には死活問題でしょうが…  f^_^;




谷崎潤一郎『細雪』は大阪船場が蒔岡の本家、芦屋に分家の関西上流階級におけるお見合いの話。




好みは二の次…選ぶ相手によって女がどの程度の暮らしを出来るかを推し量る極めて現実的なもの(笑)



でも…谷崎潤一郎が描く見合いは官能的だ。




次回も楽しみ。
f0042295_05485349.jpg
『細雪』いとはん…『西郷どん』でも糸さん。我が家の末っ子も糸さん(笑)




掘り炬燵の上にジャポニカ学習帳が無造作に置いてあって彼女の詩が。




雪がテーマでした♫

f0042295_13570555.jpg
味噌汁の具(豆腐)がキレていたのでミニストップへ。




思わず買ってしまった!
f0042295_13570660.jpg
闘将・星野仙一さん。
f0042295_13570735.jpg
落語協会の草野球チーム『R』に二ッ目の朝之助時代しばらく行ってました。
f0042295_13570763.jpg
その時の背番号は『77』星野仙一さんのファンだったから♫
f0042295_13570890.jpg
挫折を味わった人間だからこそ!




生きていける。星野仙一さん〜ありがとう♫

f0042295_15550921.jpeg
現在放送中のNHK連続テレビ小説『わろてんか』の本日(1月13日)に出演しております♫
f0042295_11033681.jpg
時代は大正時代…
f0042295_11033675.jpg
関東大震災で焼け出された東京の噺家が風鳥亭で!
f0042295_15320764.jpeg
『寿限無』を喋ってます(笑)





アッ…ワタシ柳朝だ(笑)
f0042295_15322461.jpeg
ドラマの放送を観て初めて役の芸名を知る。


f0042295_21114199.jpeg

その名も…目黒亭柳三(笑)





背中越しの映像で、浅草『帯源』さんの帯の貝ノ口(結び目)で江戸か?上方か?判断出来ます♬





映像のように右手で長い部分を締めるのが江戸の噺家が好む結び方。(腰骨の左側に結び目♬)





上方の噺家さんは左手で角帯の長い部分を締める噺家が多いです♬(映像とは逆に腰骨の右側後ろに結び目が来ます。)

f0042295_21121416.jpeg
笑いに飢えているお客様!

f0042295_21122696.jpeg
メモ用紙にネタを書いたり、スマホをいじるお客様もいない…いないばあっ!(笑)

f0042295_10081429.jpeg

袖から聴いてるよ〜お席亭さんが(笑)
f0042295_10033513.jpeg
ツラい時こそ〜笑いは人の心を癒す薬になりやす♫




収録後にヒロイン葵わかなさんに御挨拶しましたら…




『落語ってすごい!』(笑)

f0042295_09354630.jpg
ワタシが食に興味があるので(笑)




毎晩の献立をワタシが買い物をし、決めてしまうので必然的にエンゲル係数が高くなってしまいます。




財務相であるカミさんが危機感を感じたのか?





Lineで『今日のメニューは〜だから!買い物しなくて良いからねっ!』 f^_^;
f0042295_09354719.jpg
昨夜のポークカツレツ(pork cutlet)は美味かったなぁ♫




惚れ直した。




熱い!!!!!油で火傷してる!
f0042295_09354733.jpg
谷崎潤一郎は食に五月蝿かったようだ。




美食家(gourmet)というより…




大食家(gourmand)f^_^;





昨日の玉川大学リベラルアーツ学部の講義の帰り道に横浜線車中で、谷崎潤一郎『痴人の愛』を読んでみた。


f0042295_16443003.jpeg


小説の舞台が大森駅近くの家で、いろいろ想像しながら読んでる。(笑)

f0042295_13351657.jpg
今朝も一段と冷え込みましたー。
f0042295_13351726.jpg
朝イチで玉川大学リベラルアーツ学部へ。
f0042295_13351848.jpg
先日の初席へ中田先生の教え子(リベラルアーツ学部の四年生)お二人が聴きに来てくださった♫




春からは高等学校と中等学校の教諭になられるそうです。





アクティブラーニングの導入で教育現場も変化するようです。





教育は国の根幹! 頑張って♫
f0042295_13352056.jpg
今日の一年生は平成10年生まれだから、長女ゆずの二学年先輩か。


f0042295_15421267.jpeg
中田先生が秘かに撮影していた(笑)





網野先生の研究室にも初めて足を踏み入れました。





アニメーション『昭和元禄落語心中』から落語に興味をお持ちになった女子大生も居て♬





『女性の噺家さんはどれ位いらっしゃるんですか?』





『刑務所帰りの噺家さんっていらっしゃいますか?』(笑)





良い質問が次から次へと出て来て嬉しいです! (*≧∀≦*)

f0042295_11205975.jpg
ドラマ化された映像から原作を読み返す。





最近〜落語ザ・ムービーから興味を持って寄席や落語会へ足を運んで下さるお客様が増えてます。





是か非か?様々な意見をお持ちの方々もいらっしゃるでしょう。





小説もそう…





齢46の頃から川端康成や太宰治や芥川龍之介や三島由紀夫の小説を読むように。





若い頃は小説を読んでいても『はぁ?』って感じでした。f^_^;





10代・20代は人生経験も足らないし…






30代は仕事・結婚・子育て・日々の生活・楽屋の陰口からのストレス発散に追われる毎日で余裕が無い。





キッカケは何でも良いんです。





先日…NHKのBS番組で『平成細雪』を観た。『わろてんか』に出演した中村ゆりさんの演技に…

f0042295_11452870.jpeg
中村ゆりさん…NHK連続テレビ小説『花子とアン』に出演されていました。


f0042295_11454182.jpeg
影のある演技が印象に残って。






平成細雪でも奔放な四女・妙子を演じています。






実は谷崎潤一郎の小説は正直なところ苦手でした。あの新潮文庫の赤と金色の装丁デザインも(笑)






ウチのお袋も悪い…『谷崎潤一郎って奥さんを佐藤春夫と交換したんでしょう。ヒドい男!』f^_^;





『ひでえ野郎なんだ…』 所謂かの有名な細君譲渡事件(笑)





またね~文章が長いん。(笑)句読点が殆ど無くて、古文の授業みたい。





そっ!源氏物語を読んでいる感じ。





高校時代は専ら大和和紀さんの『あさきゆめみし』だった…(笑)





そういえば…札幌の社宅に住んでる頃…





親父が谷崎潤一郎の『現代語訳・源氏物語』を全集で丸善から取り寄せていた。






お袋はどう思っていたんだろう?(笑)





しかし!改めて読み返すと此れがまた〜なかなかの面白さ♫





音読すると船場の言葉のニュアンスが妙に擽ったい。(笑)





『こいさん、頼むわ。』  (*≧∀≦*)




『何で四十一まで結婚しやはれへなんだやろ』  真似して言ってみるが難しいです!!!!! (汗)




『云うてはるねん』  (*≧∀≦*)




一番くすぐったいのが…




『ふん、締めて行った』の『ふん…』もう~鼻から抜けるフランス語みたい(笑)




『あの時隣に腰掛けてたら、中姉(なかあん)ちゃんが息するとその袋帯がお腹のところでキュウ、キュウ、云うて鳴るねんが』




『そやったか知らん』♬





楽しみが一つ増えました。

f0042295_10043925.jpg
うわー同じ感想だわ♫





シャーロット王女が保育園デビューした写真。(キャサリン妃が撮影♬)






眼の辺りや口元がエリザベス女王に似ています! (*≧∀≦*)