平成最後の8月15日

f0042295_22020382.jpeg
朝のNHKニュースで桂竹丸師匠が!




鹿児島県知覧から飛び立った特攻隊の悲劇を落語で伝えてらっしゃる様子を放送してました。




戦争の愚かさや悲惨さを伝える語り部の役割はますます重要だと実感。
f0042295_23005036.jpeg
正午にワタシも黙祷しました。




沖縄戦でご主人を亡くされた大正5年生まれの芹ヶ野春海さん(102歳)のコメントに涙が出た。
f0042295_22023041.jpeg
皇位を皇太子殿下へ譲られる今上陛下は最後の戦没者慰霊追悼式に。
f0042295_22024569.jpeg
ワタシもにっぽん丸『グアム島・サイパン島クルーズ』の際に洋上から




バンザイクリフで静かに手を合わせました。




にっぽん丸の鎮魂の汽笛が耳に残っています。
f0042295_22025960.jpeg
今上陛下の誕生日である12月23日に…




東条英機首相をはじめとするA級戦犯の刑が執行された事実を皆さんはご存知でしょうか?

f0042295_22031457.jpeg
アメリカ合衆国やイギリスやソビエト共産党などの聯合国が全て正しいとは思っていません。




悔しいけど、負けたのは事実。





ミズーリ号の甲板上で軍部代表として降伏文書へ署名する梅津美治郎参謀総長。

f0042295_08415078.jpeg


我が子に日本とアメリカ合衆国をはじめとする聯合国と戦争していた事を話すと末っ子はビックリ!




そりゃそうだ。父親であるワタシも戦後の戦争を知らない世代だもの…




でも未だ73年しか経ってません。




慰霊の旅を続けていらっしゃった天皇陛下の御気持ちを…暫し考える。





平成の御代が変わってもこの気持ちは絶対に忘れてはいけない。
f0042295_22033330.jpeg
招魂社として大村益次郎が建立した靖國神社は戦後…一宗教法人になりました。

f0042295_22035294.jpeg
ワタシも千鳥ヶ淵戦没者墓苑へ。こちらは旧賀陽宮邸跡だった土地。




父方の祖父(谷田 績)は帝国陸軍の中尉として南方スマトラ島へ出征。幸いにも生還。





母方の祖母の弟は学徒出陣で海軍へ。フィリピン沖で戦死してます。
f0042295_22041003.jpeg
神道・仏教・キリスト教など宗旨は関係なく…




また軍属・民間人も関係なく静かに手を合わせられるのはありがたいと思う。
f0042295_22042639.jpeg
名前も判らない同胞の遺骨が眠ってます。




どうか安らかに眠ってください。

f0042295_22044129.jpeg
靖國神社へ。
f0042295_23064783.jpeg
防弾チョッキを着た機動隊員も多数。小競り合いがあったり異様な空気。


f0042295_22052069.jpeg
帝国軍人の軍服を着用した方々や…あろうことか⁉ ナチスドイツの軍服を着用した人も居た!




あの方はアドルフ・ヒトラーの著書『我が闘争』を読んだことがあるのかしら?




『日本人は劣等民族。ただ、日本人は小器用なので、我が国(ドイツ)にとって利用価値がある。』




最後の海軍大将である井上成美は『我が闘争』を読んで、ヒトラーのマキャヴェリズムを知っていた。




日独伊三国同盟に最後まで反対したのは日本人を侮辱するヒトラーの腹の内に気が付いたから!
f0042295_22053267.jpeg
このレリーフを眺めていると正直…いい気持ちはしませんでした。





靖國神社は英字新聞では一時期『WAR  SHRINE』戦争神社と訳された事も。





因みにNHK大河ドラマ『西郷どん』の主人公である西郷隆盛は祀られてません。