2018年 05月 24日 ( 1 )

f0042295_11332001.jpeg
歴史番組で毛利元就の特集を放送してました。




この連判状に注目してくださいませ。




非常に気配りのできるリーダーであった事が理解出来ます♫




昨夜の日本大学の会見を観ていてアメフトの指導者(体制)の問題点がハッキリした。


f0042295_08261923.jpeg


篠竹さんという名将が居て、日本大学の系列高等学校からアメフト部で指導するOBもコーチ陣として





トップダウン方式で上手く機能していた頃は良かったんでしょう。





ところが…篠竹氏亡き後にアメフト部の組織の近代化が進めば良かったが、旧態依然の精神論のみ。





此れでは戦前の軍部や反社会勢力と同じだもん。内田さんは理事もお辞めになった方がよい。





ワタシが在学中に総長選挙でも週刊誌に黒い記事が掲載された事がありました。





勇気を出して会見した学生さんが哀れだ。





毛利元就の家臣が!遺した言葉に…





【君は舟。臣は水。】





【臣能く水をくつがえす】




リーダーが駄目な時はくつがえすんですよ。(政治の世界では政権交代がそう。)




昔はよく下級生に雑務の仕事をさせ、上級生は威張って踏ん反り返るのが当たり前でしたが…




スポーツの世界や我々の世界もそうですが、上級生が進んで行動する事が組織や家族や社会も上手く行く。




毛利元就の様に家族を大切にし、家臣と同じ目線の高さで行動し責任を取るリーダーが必要なんでしょう。




サッ~洗濯物を乾燥機へ。洗い物を進んでやりましょう!(笑)