2018年 10月 05日 ( 2 )

f0042295_21154514.jpeg
田沢湖は初めて訪れた。
f0042295_21160612.jpeg
アルパこまくさ停留所から田沢湖畔停留所で途中下車して、静かな湖畔を散歩する。
f0042295_21163191.jpeg

亡くなった入船亭扇橋師匠が…



『(柳家)小はん(師匠)と(松旭斎)静花(先生)が付き合っているらしいなぁ…』




『師匠…本当ですか?』





『静かな小はんと言ってな♫』(笑)
f0042295_21173361.jpeg
此れは相方が居ないと撮影は無理(笑)


f0042295_21175548.jpeg
マサル!




ではなくソラちゃん♫


f0042295_21220826.jpeg

ザギトワは居ない(笑)
f0042295_21161908.jpeg
秋田いぬ!  『けん』ではありません。



f0042295_21181409.jpeg

田沢湖駅から秋田新幹線こまち号に乗って盛岡へ。
f0042295_21183133.jpeg
北海道厚真町で再び大きな地震があったようです。




新函館北斗駅を出発した北海道新幹線はやぶさ号が遅れて盛岡駅での連結に影響が…




小岩井駅で暫く時間調整。




上りは北海道からはやぶさ号が先に入線して、秋田からこまち号がドッキング。





下りはこまち号が連結を離して先に出発して雫石・田沢湖線へ。




其のあとにはやぶさ号が新青森駅・青函トンネルへ♬
f0042295_21184986.jpeg
盛岡駅のコインロッカーへ着物の鞄を預けてお昼ご飯。





盛岡冷麺で御馴染みの『ぴょんぴょん舎』さんのお店かな?





マッコリを飲む。美味しいです!
f0042295_21190756.jpeg

初めて『じゃじゃ麺』にチャレンジ!
f0042295_21192656.jpeg

麺を食べてから生卵を割ってスープを♫





朝鮮半島の食文化は混ぜるのが特徴だねー。

f0042295_21194115.jpeg

食後の運動に石川啄木の新婚時の家へ。
f0042295_21195698.jpeg

現在は盛岡市が管理してます。





読んでワカルか?…石川啄木は夫としては最低だ。(苦笑い)
f0042295_21201390.jpeg
特徴的な字体。
f0042295_21202703.jpeg

北海道に住んでいる頃に家族で函館市の立待岬へ行きました。




『東海の小島の磯の白砂に 我泣き濡れて蟹とたわむる』





札幌に住んでた頃に雪の中を売りに来る焼き芋屋さんが





この啄木の短歌をもじったものをアナウンスしてました(笑)





『ポッか!ポッか!ポカポカポッ~かポカポッかポカ~♬ 石焼き芋~♬』

f0042295_21204486.jpeg
開運橋を渡って盛岡市内を散策。
f0042295_21210064.jpeg
宮沢賢治・新渡戸稲造・米内光政・原敬・金田一京助などユニークな人材を多数輩出してます!

f0042295_15505382.jpeg
篠木小学校の学校寄席を終えてから…



せっかくの陸奥路だもの。
f0042295_15524105.jpeg

盛岡駅から秋田新幹線こまち号に乗って田沢湖駅へ。




新幹線高架から在来線の線路を走ります♫
f0042295_15531606.jpeg

在来線の田沢湖線は本数が少ないので…




スーパーこまち号で片道¥2030で行けます!
f0042295_15535387.jpeg
乗って約35分くらい。




強風や雪やカモシカなどの衝突が無ければ(汗)
f0042295_16102747.jpeg


えー因みに噺家とカモシカ(笑)


f0042295_15541980.jpeg

なまはげを意識した赤色の車体〜好きだなぁ!


f0042295_15545423.jpeg
初めて下車した田沢湖駅。
f0042295_15551872.jpeg

中学時代の修学旅行で十和田湖や奥入瀬渓流へ。




にっぽん丸の東北夏祭りクルーズで角館はお邪魔した事があります。
f0042295_15555702.jpeg

なんだかんだで12チャンネルの路線バスの旅番組みたいな展開(爆笑)
f0042295_15562800.jpeg

田沢湖はバイカル湖と同じ様に透明度の高いカルデラ湖。
f0042295_15565360.jpeg

辰子姫伝説が生まれたのが分かる気がする。

f0042295_15571659.jpeg

アルパこまくさ停留所まで田沢湖駅前停留所から¥620でござんすよ。

f0042295_15574983.jpeg

鶴の湯のマイクロバスで移動して目的地である乳頭温泉郷へ。
f0042295_15582393.jpeg
あの秘湯で御馴染みの乳頭温泉郷『鶴の湯』です。

f0042295_15585293.jpeg

入浴剤でしか浸かった事が無かったんだ!  (*≧∀≦*)
f0042295_15591536.jpeg
運良くお部屋が空いていたので宿泊することに!

f0042295_16000055.jpeg

日も暮れて来て灯りが灯ります。
f0042295_16002522.jpeg
裸電球ひとつだけの素朴な味わい!

f0042295_16005585.jpeg

硫黄の香りがしてますが、お湯は軟らかいものです。
f0042295_16011960.jpeg

シャンプー・リンス・ボディーソープがあるお湯から洗ってゆったり浸かる。




休憩して水分補給をしながら露天風呂もチャレンジ!
f0042295_16014544.jpeg

普段ならビールは飲みませんが…
f0042295_16022076.jpeg

秘湯ビールなんぞ(笑)

f0042295_16031284.jpeg

18時〜19時までに本陣というお部屋で夕餉を頂きました。

f0042295_16034386.jpeg


宿ご自慢の山芋の団子汁。
f0042295_16042497.jpeg

ぬる燗を一合(笑)
f0042295_16050239.jpeg

部屋へ戻ってもう一度温泉へ浸かる間にお布団が敷いてあった。

f0042295_16052869.jpeg

朝4時起きだったので直ぐに眠ってしまい…




目が覚めると0時を過ぎていました。




そぉっと露天風呂へ行くと…





誰も居ない(笑)

f0042295_16055882.jpeg

早朝から朝御飯の後も何度となく楽しみました♫




この下に敷いてある砂利からコポコポ源泉が湧いて来て(笑)





股間やお尻に当たるので擽ったい!   (*≧∀≦*)


f0042295_16063919.jpeg

夕暮れ時は夕焼けを眺めながら…




晩は川のせせらぎの音を聴きながら…




早朝は伊達政宗の甲冑の様な三日月を眺めながら…





朝御飯の後は秋の雲を眺めながら♫
f0042295_16070394.jpeg

お櫃から自分で御飯をよそって頂きました。
f0042295_16072358.jpeg

朝は慌たゞしや!
f0042295_16075105.jpeg
其々に泉質や温度が違います。
f0042295_16083507.jpeg

雪の中も寒いけど別世界が広がるんでしょう。

f0042295_16085633.jpeg

三号館一泊と夕餉のぬる燗一合を合わせて…




¥9200也。あっ…秘湯ビールが¥610也(笑)




三笑亭夢之助師匠の写真(旅番組のロケ)も飾ってありました!