カテゴリ:世の中あれこれ( 409 )

f0042295_16180296.jpeg
東京大学入学式で名誉教授・社会学者の上野千鶴子さんが祝辞で印象的な事を新入生に述べました。




ワタシも学生時代に『スカートの下の劇場』を読んだ。




東京医科大学の女子学生や浪人生を差別した不正入試問題から…




『頑張っても公正に報われない社会があなた達を待ってます。』




幼い頃から受験競争を勝ち抜いてきた新入生に…




『頑張れば報われると思えることそのものが、環境のおかげだったことを忘れないでください』




(この言葉は重い。)




『恵まれた環境と能力を恵まれない人々を助ける為に使ってください。』




(非常に重要な事を仰ってます。)
f0042295_13360876.jpeg



印象的だったのが…




『フェミニズムは女も男のように強者になりたいという思想ではなく、弱者に寄り添ってきた女という経験の中から、弱者が弱者のままで尊重されることを求める思想』





『社会の構造はなかなか変えられません』と男性中心社会の現状を認めた上で、





若い世代に対し、『変えたところも変えられなかったところもある。あとに続くあなた達はその宿題を背負う責任があると伝えたい。』





ワタシも結婚当初は保守的な考えでしたが、仕事とは別に家事や育児を男である自分もやってみようと。


f0042295_09105444.jpeg


我が子達の出産準備に立ち会った経験がスタートだったかもしれません。





随分と夫婦喧嘩もしました…一昨日もか?(苦笑い)





カミさんから『貴方が変わってくれたから、夫婦としてモッテイル。』確かにそうだ…(笑)





とても印象に残る祝辞です。




PTA活動に関しても働きながら家事や子育てをしているお母さん達に感謝申し上げます。





っつーか男性である貴方も行動するんだよ!柳朝さん。(笑)

f0042295_09571313.jpeg
非常に重い言葉だ。




政治家だけではありません。





我々も♫

f0042295_17373852.jpeg
平成から令和へ。新聞各紙を読んでみた。




朝日新聞は初の国書 首相のこだわり




『英弘・えいこう』『広至・こうし』『万和・ばんな』『万保・ばんほ』などの候補があった事も見出しの記事に。




発表後に何処から漏れてくるんだろう?(笑)




因みに『大正』改元の際にスクープしたのは朝日新聞社の若き記者だった緒方竹虎。




三面記事には時代の空気をくみ取ったとする所功京都産業大学名誉教授の意見と…




歴史への理解を遠ざけるとの元号法撤廃を求める保立道久東京大学名誉教授の意見も読みました。




『天声人語』には万葉集の歌人『大伴旅人』のエピソード。天平2(730)年の春に九州太宰府の公邸で宴を催した。其処で詠んだのが『初春の令月にして、気淑く風和らぎ…』





酒席で述べた挨拶が1300年後の元号になってしまうとは。二日酔いの夢にも想像しなかったことだろう。
f0042295_17375912.jpeg
産經新聞は出典は万葉集 日本古典から初 日本人の誇り 次世代へ。と見出しの記事に。




『産經抄』では万葉集を讃えるドナルド・キーンさんの時代背景にも注目。編纂が始まった7世紀は、中国に強大な唐王朝が成立し、日本にとって深刻な脅威になった事も。現代の日本人はまさに、万葉人が乗り越えてきた危機的状況に置かれていると。



『詠み人知らず』も万葉集以来の日本の美意識と。




産經新聞らしいです(笑)
f0042295_17381801.jpeg
讀賣新聞は見出しの記事に『古典研究の中西氏考案か』




『編集手帳』には日本最古の和歌集『万葉集』は漢字で埋まっていた事から、和語と漢語が混ざり合う大昔に美しい漢文を書く人がいたものである…と。



和語が背伸びをして文化の芽を出そうとしているときに先輩の漢語が懐深く見守っているように思えくもない。




国書に由来する初めての元号と言いながらも、国際性も宿している。




皇太子さま、雅子さまによく似合っていると結び。
f0042295_17384034.jpeg
毎日新聞は初の国書典拠 首相主導 万葉集 中西氏考案か と見出しの記事。




漢文で記した『和風』




『余録』には江戸時代の元号『天保』が何度も候補になりながら落選したいわくつきの元号。



元号をめぐり難点を論じ合うのを『難陳・なんちん』と書いてある。(初めて知りました♫)



現代でもこの『難陳』が交わされた事を述べています。結びに国民主権の時代に前もって決められた皇位継承の新光景と。




元号に託す次の世代への祈りはもちろん、その吉凶も当の国民自身の選択にかかる『令和』と。




毎日新聞らしいです(笑)
f0042295_17390040.jpeg
東京新聞は見出しの記事に観梅の宴題材 平和な文化象徴。中国古典踏まえとも。



f0042295_17402397.jpeg
原案6案の横に『令』と『和』の2文字が持つ意味♫ 朝日新聞は三面記事にあった。




『筆洗』には最近の調査によると日本人の7割が平成が良い時代だったと。しかしながら…去りゆく平成から良い思い出ばかりを拾い集めているとも。



漢文学者の白川静によると『令』の字が神のお告げをひざまずいて受ける人の形とも。




平和の『和』、協調を意味する『和』の文字を重く受け止めたい。




桐生悠々の流れを感じる。
f0042295_17392053.jpeg
日本経済新聞は見出しの記事に大きく『令・れい』『和・わ』♫




原田論説委員長の変わる世界に挑む国に。




『春秋』は文化は越境する。文字もボーダーを越える。日本語の小説を書き続けるリービ英雄さんの言葉を。



首相官邸の発表で、漢籍ではなく日本の古典から引いたのは歴史的だが、文化のクロスオーバーを象徴する典拠とも。



アジアと日本の文化の流れを大きな目で見つめる契機にすればいい。



経済紙らしいまとめだ。

f0042295_11491675.jpeg
おー!
f0042295_11493005.jpeg
新元号の発表。



『令和』♫
f0042295_11494781.jpeg
万葉集からか♫




『令』と云う字は大宝律令の令を思い出す。




クールな中にも柔らかい印象かな?(笑)
f0042295_16192398.jpeg


f0042295_17064957.jpeg
令和元年の『令』は?



f0042295_21252517.jpeg
どちらも大丈夫です♬

f0042295_17091892.jpeg
『R』は予想しなかった。

f0042295_13205944.jpeg
双方が何を望んでいるか?




米朝会談は決裂しましたが、日本にとってはまぁ良し。




一番恐れていたのはトランプ大統領が中間選挙を意識して外交成果を焦り安易に妥協すること。




f0042295_08330418.jpeg
マイケル・コーエンの証言が気になって殆ど眠っていない様子でした。(苦笑い)





アメリカ合衆国は偵察衛星で寧辺(ヨンビョン)以外の各施設を把握しています。





トランプ大統領が寧辺以外での濃縮ウラニウムを話題にしたら、金正恩氏はスゲェ驚いたってじゃない(笑)





完全なる非核化をすれば…独裁国家キム王朝は崩壊する。


f0042295_13222055.jpeg


対して北朝鮮は制裁がキツいんだろうなぁ。世界にばれちゃった。





特に原油だ。戦前の我が国も欧米諸国の原油禁輸で開戦に踏み切りました。





大韓民国のレーダー照射事件も北朝鮮に対する瀬取りの可能性が高い。





絶対に制裁を緩めては駄目。

f0042295_14122830.jpeg
えー元素表ではありやせん(笑)
f0042295_14124758.jpeg
延長しやすか? ( ̄O ̄;)
f0042295_14130372.jpeg
一世一元だと必然的に長くなる。
f0042295_14132280.jpeg
大平内閣時代に制定された元号法。
f0042295_14140869.jpeg
札幌旭丘高校3年で迎えた昭和の終わり。




大修館書店『ジーニアス英和辞典』の裏に…




『昭和64年1月7日、昭和終わる。』と書いた記憶があります。
f0042295_14142595.jpeg
卒業アルバムに必ず載った小渕官房長官の『平成』♫




墨が生乾きだった!

f0042295_14144330.jpeg
竹下登・内閣総理大臣は自分がやりたかった(爆笑)




だわな。ウィッシュ♫

f0042295_14145937.jpeg
明治天皇が崩御されて、次の元号は『大正!』とスクープしたのは…



当時、朝日新聞に入社一年の若手記者だった緒方竹虎。



1912(明治45)年7月30日、明治天皇の崩御にともない枢密院会議が開催。



緒方竹虎は顧問官の三浦梧楼の家で帰りを待っていた。



学生時代から付き合い信用も厚かったので(笑)情報を掴む。



新元号は『大正・タイショウ』で出典は『公羊伝』、『易経』と。



すぐさま朝日新聞社へ帰り上司である弓削田精一に報告し記事を号外で報道。




f0042295_14151670.jpeg
大正天皇が崩御されて改元される際に東京日日新聞(毎日新聞)が元号は『光文』と号外!
f0042295_14155183.jpeg
然し乍ら〜蓋を開けてみると…
f0042295_14160676.jpeg
なんと!




『昭和』だった!

f0042295_14162230.jpeg
おー! 龍崎さん若い(笑)

f0042295_11120362.jpeg
明治時代に制定された民法は時代の変化に対応出来ていないのが実情。

f0042295_11121825.jpeg
この『懲戒権』と云う言葉が都合よく独り歩きするのが非常に恐ろしい。





蔵に入れる…






『四段目』の定吉を連想してしまう!(汗)

f0042295_11123622.jpeg
学校の現場でも体罰禁止が法制化されてますが、相次ぐ家庭での虐待死で国会議員も漸く動いた…

f0042295_11125087.jpeg
日本は遅れているんだ。

f0042295_11130456.jpeg
明治時代の急激な富国強兵・欧米化で、民法もヨーロッパの真似をしてしまった訳か。

f0042295_11131734.jpeg
憲法は大日本帝国憲法から日本国憲法になったのに、民法が旧態依然のままなのはマズいでしょう。


f0042295_14304494.jpeg
程度が低い!!!!!




f0042295_23414280.jpeg


ネタを提供してくれる政治家の皆さん(苦笑い)
f0042295_23420281.jpeg
二階派は宝庫だねー(笑)





この田畑さんもダメなら~





モナ男(細野豪志)は問題ないのか???????

f0042295_20195254.jpeg
おめでとう御座います!     ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

f0042295_16171185.jpeg

f0042295_10144438.jpeg
おー! このニュースには食い付いた(笑)
f0042295_10152222.jpeg
東海大学には海洋学部があるからね♫
f0042295_10154004.jpeg
今年は桜海老の記録的な不漁でした。




深海で泳いでいる桜海老を初めて観たわ(笑)





パックに詰められてかき揚げになったお姿しか知らないもの… 。・°°・(>_<)・°°・。