カテゴリ:静かに手を合わせる( 169 )

f0042295_16232968.jpeg
昨夜は大阪北部の震度6弱の影響で東海道新幹線のダイヤも乱れてました。




浅草演芸ホールさんを勤めてから一度帰宅して…




夜の新幹線で静岡入り。





父の日ギフトで、親父さんと晩酌(笑)

f0042295_16235841.jpeg
実家の仏壇へ手を合わせました。
f0042295_16241805.jpeg
大成建設札幌支店時代の写真かしら♫
f0042295_16243563.jpeg
1985年だから…ワタシは15歳。中学校3年かなぁ。

f0042295_16245657.jpeg
父・正勝も昭和16年の巳年生まれですから…




来年は喜寿のお祝い。77歳!




実は祖父・績(いさお)の命日が6月19日で、享年75歳。





ワタシが高校3年のときだった。札幌から名古屋へ家族で飛びました。

f0042295_16251604.jpeg
自分の父親が亡くなった年齢を越えた時はいろいろ想う事があったと思います。
f0042295_16253550.jpeg
祖父・績は1910時の戌年生まれ。日韓併合の年。




ワタシは1970年の戌年生まれ。大阪万博開催の年。


f0042295_16255244.jpeg
父が立命館大学理工学部の頃の家族写真かしら。




存命しているのは…




左から長男の正勝。左から3番目の三女の久美子叔母さん。右から2番目の四女の園子叔母さん。





祖父・績と祖母・あや子、左から2番目の次女・郁子叔母さんは故人です。




実は親父の上にお姉さんが一人居ましたが、生まれて直ぐに亡くなったそうです。雪子伯母さん。




名古屋市中村区にあった谷田家のお墓を精ぬきした際に





小さな骨壺を親父さんと二人で静かに手を合わせました。
f0042295_16261010.jpeg
祖母・あや子と親父さんとのツーショット♫
f0042295_16262541.jpeg
京都御所の庭師さんの二階へ下宿していた♫
f0042295_16264212.jpeg
親父も若いね〜(笑) (*≧∀≦*)

f0042295_16270350.jpeg
真ん中にいるのは谷田まつ・お婆ちゃん。




曾祖父・谷田銀治郎さんの妹です♫




曾祖母のきくさんがお爺ちゃん兄弟3人を産んでから、病気で亡くなりました。





嫁いだ先の旦那さんが病気で亡くなり、出戻ったおまつ婆ちゃんが母親がわりとしてお爺ちゃん兄弟の面倒をみていた。
f0042295_16272432.jpeg
カラー写真は貴重ですなぁ!

f0042295_16274133.jpeg
うわー!生まれて直ぐのワタシ柳朝です(笑)




お袋の実家・静岡市で生まれて母方の祖母・輝子さんに抱かれて東海道新幹線0系で、名古屋へ!
f0042295_16275843.jpeg
昭和45年の名古屋駅ですよ(笑)
f0042295_16281553.jpeg
祖母・あや子が嬉しそうに笑ってます(笑)

f0042295_16283105.jpeg
祖父・績の命日と、静岡市駿河区にある曹洞宗『大正禅寺』さんの開山式が同じ日。
f0042295_16285072.jpeg
此れも何かの縁でしょう♫
f0042295_16290797.jpeg
方丈とも色々お話し出来ました!

f0042295_16292454.jpeg
高座を勤めてから、お袋さんと一緒に駿河区稲川にある『一本気蕎麦』へ。
f0042295_16293827.jpeg
祖父や祖母達の想い出話をしながら暫しの時を過ごしました。




f0042295_21381797.jpeg
鈴本演芸場さんの代演を勤めてから青山霊園へ。




緒方竹虎さんの御墓参りへ行ってきました。




家紋は『三ツ割中陰花菱』




幕末期の大坂適塾の緒方洪庵と同じ紋デス♫





ご家族の方々も同じお墓へ眠ってらっしゃいます。





青山霊園は広い!

f0042295_22173995.jpeg
渋谷の桜も満開です!




池尻大橋の多目的室で、アマチュアの方々の寄席へゲスト出演。




皆さん〜達者なもんです(笑)




主任で『甚五郎のねずみ』を。
f0042295_22131132.jpeg

喪服に着替えて町屋斎場へ。




立川左談次師匠の御通夜へ参列しました。





立川流の皆さんは勿論ですが…





落語協会・落語芸術協会からも御別れに来ていました。





左談次師匠〜ゆっくり休んでください。





亡くなった先代・古今亭志ん五師匠と談笑されてるかなぁ♫

f0042295_15543678.jpeg
雪のお彼岸です!




寒いので…東急バス荏原町駅行きに乗って臼田坂を登る。




萬福寺前からお寺さんまで。寒い!
f0042295_15550216.jpeg
名馬『磨墨』の碑♫
f0042295_15552141.jpeg
本堂にて手を合わせ…

f0042295_15554340.jpeg
大書院から御庭を。




霙から大粒の雪になって来ました!
f0042295_15560328.jpeg
一輪挿しには桜が咲いてる♫
f0042295_15562260.jpeg
児雷也の天むす・温かい豚汁を頂きました。




汁物は有り難い♬




禅宗では食事作法も修行のうちの一つ。
f0042295_15564234.jpeg

梶原景時公の改竄…(連日の国会中継でもうウンザリ…)





改竄ではなくて、開山です(笑)





『源平盛衰記』をフルバージョン。40分喋ってたかなぁ?

f0042295_17444395.jpeg


『紙入れ』をやってピタリ1時間。14時からの法要にバトンタッチ♬




『紙入れ』の女将さんの台詞に思わず客席のご婦人方から『怖い!!!!!』ですって(爆笑)

f0042295_15570183.jpeg
高座の後は梶原景時公の御墓参り。
f0042295_15571866.jpeg
一ノ谷の合戦の件では連想しながら♫




此れも御縁だね(笑)
f0042295_15573723.jpeg
松旭斎天勝先生の御墓参り。
f0042295_15575677.jpeg
ずっと気に掛けている奇術師♫






注文していた徳富蘇峰先生と緒方竹虎先生の書物を受け取りました。





稽古の合間に読もう♫





立川左談次師匠がお亡くなりになりました。(2016年12月11日のブログ記事を…)




合掌。

f0042295_17553248.jpeg
試験期間中の長男と一緒に御近所さんの『金川珈琲』さんへ。




先日の『季節寄席・新春』で見事に色紙をゲットしてました!(笑)





真ん中にある色紙は桂 扇生師匠のもの。奥様が大森のご出身♬





一番右側の色紙は植物学者『牧野富太郎』先生が書いた御歳93歳の時のもの♫





金川さんの亡くなったお母さんが牧野富太郎先生の御宅まで珈琲豆を配達されていたそうな。

f0042295_17555859.jpeg
先日の日暮里『斎藤湯』さんの湯浴みした後に善性寺で、石橋湛山総理と横綱・双葉山関の御墓参り。





その後は跨線橋の階段を上って谷中霊園へ。そこで牧野富太郎先生のお墓も発見!!!!!






幸田露伴『五重塔』のモチーフになった五重塔跡を見学しました。
f0042295_17561396.jpeg
五重塔は放火で焼失したんだ… (ToT)



f0042295_17563620.jpeg
此方の天王寺さんの塔頭だった訳か。幕命により日蓮宗から天台宗へ改宗。


f0042295_17570194.jpeg
偶然にも『圓遊』の文字を発見!
f0042295_17182987.jpg
判りますか?  この石碑に『三福』の名跡があります!





此れが後の『三代目・三遊亭圓遊』師で…





彦六で亡くなった八代目林家正蔵(稲荷町の師匠)の最初の師匠です♫





三遊亭三福の弟子で『三遊亭福よし』がスタート。
f0042295_17572316.jpeg
詳しくは筑摩書房『東都噺家系圖・橘 左近』をお読みください。


f0042295_17585181.jpeg

林家がおやりになったジャンルに文芸物があります。




f0042295_18591559.jpeg

明治の爆笑王であるステテコの圓遊をモチーフにした『すててこ誕生』や






三代目春風亭柳枝の弟子である年枝をモチーフにした『年枝の怪談』があります。





圓遊一門も当時は一大勢力だったのな。






圓橘、小圓遊、遊三、小遊三、遊雀もある(笑)

f0042295_17575924.jpeg

ワタシも平成19年に真打昇進と同時に襲名が持ち上がったので…





橘 左近師宅まで越乃寒梅・一升瓶を持って柳朝代々の系圖作成をお願いに参りました。





『柳朝』も『栄枝』も春風亭柳枝の弟子の名跡。





『春風亭柳枝・春風にたゆとう柳の枝って洒落』





『柳枝はデカい!この名跡は止め名だ。』






『でも良かったね〜♫ 柳朝はデカくないから気楽におヤンなさい!』って左近師から(笑)
f0042295_17592665.jpeg
稲荷町の師匠も『三遊 一朝おじいさん』と父子鷹として番付表に…





林家正蔵の名跡を海老名家へ返したら自分が晩年に名乗るつもりでいた『三遊 一朝』






孫弟子であるウチの師匠に春風亭一朝としてあげた!
f0042295_17594600.jpeg

それで亡くなる一年前に『林家彦六』と名乗った訳。


f0042295_18000834.jpeg
トンガリの正蔵と言われた稲荷町。


f0042295_18524966.jpeg


高齢の三遊一朝おじいさんを林家正蔵(彦六)と落語芸術協会の古今亭今輔師が交代でお世話していた。





ところがいざ…その美談をマスコミ関係者が…


f0042295_18530593.jpeg


おばあさん落語で一世を風靡した今輔師の事を一切書かなかった。





今輔師もたまったもんじゃない。





しばらくの間…林家正蔵(彦六)師と先代・古今亭今輔師は口を利かなかったそう。





初席で、木久扇師から伺いました。

f0042295_18002664.jpeg
お正月に黒門町にあった古今亭今輔宅の扉をガラガラと開けて…





林家が黙って自分の手拭いをポーン♬と投げる(苦笑い)


f0042295_18004326.jpeg
『あたしゃあ~文楽さんが死んでも、弔いには出ない~!』(笑)





噺家は命とプライドを掛けて切磋琢磨してたんですな♬



f0042295_22514705.jpg
毎日毎日…ありがとうございます!




池袋演芸場さん…スゲェ入ってる。




うーむ。
f0042295_22514896.jpg
高座を勤めて、師匠に挨拶をして『これから御墓参りへ行って来ます。』





大師匠・女将さん…一門みんなをお守りください♫

f0042295_16423737.jpg
今朝は6時47分に目が覚めました。
f0042295_16423911.jpg
池袋演芸場さんへ。




北海道から葉櫻さんが『じゃがポックル』を楽屋見舞いに持参して、聴きに来てくれました!




ありがとうございます♫   (*≧∀≦*)
f0042295_16424223.jpg
今日は時間交代を頼まれていたので、13時30分上がりを勤めて…




南池袋にある日蓮宗・盛泰寺さんへ。




稲荷町(林家彦六師)の御墓参りへ。




1月29日の命日に御参り出来なかったので。




我々…彦六一門が使っている紋は『中陰光琳蔦』




八代目林家正蔵(彦六)師の岡本家の家紋です。

f0042295_08234151.jpeg
文蔵兄さんの襲名披露の引き出物にも…ほら


f0042295_16424300.jpg
昨日の新宿末廣亭さんへ代演に行った際に…




桂 才賀師匠から『2月4日は何の日か?知ってるか?』




忠臣蔵で御馴染みの12月14日は赤穂浪士四十七士が吉良邸へ討ち入りを果たした日で、泉岳寺も行列のできる事になりますが。




細川家を始めとする大名に保護されていた赤穂浪士たちが見事に切腹した日…其れが2月4日。
f0042295_16424513.jpg
ワタシも静かに手を合わせて参りました。

f0042295_22091371.jpg
今朝は4時に目が覚めてしまい…




読書灯を点けて布団の中でモソモソしてる内に二度寝。f^_^;





赤出汁の味噌汁をこさえて朝御飯。
f0042295_22091465.jpg
稽古を頼まれていたので、少し早めに出発して…





品川駅ホームの常盤軒でミニカレー・蕎麦セット。
f0042295_21234634.jpeg
秋葉原駅でつくばエクスプレスに乗り換えパターンが多いんですが。




気分転換に神田駅で銀座線に乗り換え。





うわー! 新しいお店がオープンしていた(笑)
f0042295_21240110.jpeg
日本食堂のお店『神田鐵道倶楽部』! (*≧∀≦*)




明日のランチは此処に決めた(爆笑)
f0042295_22153632.jpg
浅草界隈は大変な人出!

f0042295_21241603.jpeg
栃木県からお越しの寄席大好きギャルのお客様と一緒にホットケーキを食べました!




素直な質問に嬉しくなりましたよ♫





クイツキって何?  代バネって何ですか? 楽屋の符牒だもん。





とても真っ白な気持ちで演芸を楽しんでいる!(嬉し涙)





カラダに気をつけて!
f0042295_22181298.jpg
東京は雨が降り始めました。

f0042295_05481795.jpg
おはよう御座います。今朝は4時30分に目が覚めました(笑)





晩のすき焼き鍋の残りを朝御飯に♬





昨夜は寝ようとしたら落語協会から突然のFAXが!





こういう時は決まって訃報… 勘は適中。






古今亭志ん駒師匠がお亡くなりになった。





春にはお弟子さんの駒次さんが真打昇進の御披露目を控えていたのに。無念。





前座になったばかりの頃…中野区上高田の家賃26000円の風呂なしアパート(4畳半・共同便所)に住んでいました。





志ん駒師匠のお宅が直ぐ側だったので、浅草演芸ホールのヨルの部の主任を勤めていらっしゃった際にはお宅まで鞄持ちを10日間させて頂いた。駅でよくネクタイを買って下さった♬





杉良太郎さんの時代劇へ長年出演していたので、『すきま風』を高座で唄いながら~パロディにされた『遠山桜』をよくおやりになられました♫




『朝吉!ウグイスの鳴き声を頼むぞー!』 





ホーホケキョ♬ 『あの間抜けな鳴き声は前座の朝吉だなー』(笑)





志ん駒師匠の鞄を持って銀座線の日本橋駅乗り換えで、東西線で中野駅まで。




中野ブロードウェイを歩いて軍鶏鍋屋さんでご馳走になり、志ん駒師匠宅へ鞄を届ける途中にある酒屋さんで缶ビールとアイスクリームまで買ってくださって(涙)




弟子の駒次さんが入門してからは『アンちゃん!駒次に稽古つけてやっつくれ!』 『へい!!!!』





ワタシも志ん駒師匠から『お血脈』を教わりました。





『そう子宮には出られねぇ』此れは志ん生のギャグだから大切にしてくれぃ♫ (*≧∀≦*)



f0042295_10512942.jpeg

志ん駒師匠ありがとうございました!  好い表情でしょ♬






※ 写真は林家彦いち師が新宿末廣亭楽屋で撮影したものを許可を得てアップしました♬





今日はこれから群馬県下仁田町まで行って来ます!

f0042295_09043110.jpg
戦争の結末はこういう事だ…
f0042295_09043244.jpg
ローマ法王の言葉にはワタシも同感です。