カテゴリ:静かに手を合わせる( 183 )

f0042295_21302282.jpeg
2月7日は北方領土の日。




先代・柳朝師の命日とこの日が同じです。

f0042295_18241135.jpeg
朝の挨拶運動へ。寒い!




稲荷町(林家彦六)師匠の御命日なんで、お墓参りへ。
f0042295_18242732.jpeg
浅草演芸ホールさん楽屋入り前に粟ぜんざいを食べました。





美味しい♫

f0042295_20513842.jpeg
PTA役員になって一年目ですが…




皆さん方にくっ付いて頑張ってます。




朝の挨拶運動も何とか(笑)
f0042295_20515646.jpeg
金川珈琲店で、三遊亭小圓朝師の訃報を知る。




圓楽一門会の三遊亭小圓朝師の御父上は先代の圓之助師匠。落語協会。




日本大学経商法落語研究会の指導顧問でした。



でした!というのは私が在学中は春風亭茶々丸兄さん(いなせ家半七師)が圓之助師のあとを受けていた。



法桜祭の寄席で使っていたサクラ色の後ろ幕には『三遊亭圓之助賛江』って♬



NHK連続テレビ小説『いちばん星』にも五大路子さん等と出演された。



その息子さんが今回急逝した兄さん。



前座の柳家さんぽ・時分に太鼓番で柳家喬太郎兄さんが落研の会へ連れて来てました。



その時に初めて落語研究会の会長として御挨拶。とても真摯に応対して下さった。




一朝の弟子になり楽屋入りした直後にさんぽ兄さんが小三治門下を破門に。




三三さんのすぐ上の兄弟子だったん。鳴物も上手で。




その後…三代目・三遊亭小圓朝門下だった圓楽一門会の圓橘師匠門下へ。




私が二ッ目昇進の際『朝吉➡朝之助』になる際に電話して三遊亭朝之助さんの事を訊きましたが




未だ幼かった兄さんもよく判らないと…




ウチの師匠も圓橘師匠に…兄弟子にあたる三遊亭朝之助氏のお墓やお寺を尋ねて下さいましたが…✖




立川談志師匠『談志楽屋噺』(文春文庫)の1ページ目に若き談志師(柳家小ゑん)と三遊亭朝之助氏が!




師匠一朝に話すと…根津八重垣町のマンションへ談志師を尋ねて下さいました。




家元『なんだ?一朝!久し振りだな』




『三遊亭朝之助さんのお墓はどちらでしょうか?』




家元『知らねえ!てめえで探せ!』
f0042295_20521172.jpeg
『というわけだから…朝吉!自分で何とかしなさい。』(汗)




大田区役所の戸籍課へ問い合わせましたが、死亡から5年間しか書類が残らないとの事。




困った私は談志師の著書に大田区鵜の木に住んでいた事実や朝之助さんも近所だったのを頼りに!




なんとまあ! 東急多摩川線に乗って鵜の木駅でふらりと下車。




ふと目にした八百屋の公衆電話の電話帳をメクリました。




三遊亭朝之助さんの本名は『福石三郎』。福石さんを調べると大田区には9軒のみ!(笑)




10円玉を入れていくと4軒目のおばあちゃんの従兄弟だと判明しました!




菩提寺が羽田大鳥居の大師橋近くの自性院と云う真言宗のお寺さんだと判明。





ご住職に尋ねると?   墓は談志さんが建てたよ。   えっ?マジ??????(苦笑い)




一朝に報告すると『アンちゃん!よくやった♬』  




談志師匠らしい試し方です(笑)




国立劇場で歌舞伎を観に行くと隣の席に快楽亭ブラック師が!




『一朝の弟子で、春風亭朝之助デス。』





『君か~♬  家元がとても喜んでいたよ!』




後年判ったんですが、喜久亭寿楽(元・立川小談志)師の菩提寺もこの自性院さんでした!(驚き)




三代目・三遊亭小圓朝門下の惣領弟子が朝之助さん。弟弟子が圓之助師、圓橘師匠。




二ッ目の朝之助時分に茅ヶ崎市のお蕎麦屋さんで『三遊亭圓之助・春風亭朝之助二人会』があった。




打ち上げ後に平塚駅で、ほろ酔い加減の兄さんから…




『今晩は君と会が出来て良かった。世が世なら兄弟弟子だったかもしれねえしな…』




ちょっぴりジーンときた。センチメンタルジャーニー(笑)




未だ若いのに。非常に残念。兄さんどうか安らかに…久蔵兄さんや白酒兄さんもショックだろうな(涙)





そんな事を想い出したんで。日中は暖かくなって来たから自転車で羽田にある自性院さんへ。




お仏花を買って三遊亭朝之助さんの墓前へ。酒を愛して愛して愛して…




弟弟子の春風亭一力さんが朝之助を継いでくれたのでお墓参りは託してますが…




四代目小圓朝兄さんの訃報を知り、三遊亭朝之助さんのお墓参りをした次第です。
f0042295_20523745.jpeg
湯浴みしてから鯵のたたき・鮪の刺身を越乃寒梅のぬる燗と♫

f0042295_20525431.jpeg
柳家小袁治師と仙台味噌の話しをしていたので(笑)

f0042295_20530836.jpeg
初めて買ってみた!   皆さんもやって味噌♫
f0042295_20532534.jpeg
ワタシが湯船に浸かっているとカミさんが脱衣室から…




『ねえ?油は?』





『いけねー。買い忘れた!』(汗)




サミットへ買いに行くのかなぁ?と思って急いで湯船から上がると。




なんとまあ!  





我が恋女房殿は台所にあった高級オリーブ油で鳥の唐揚げを揚げ始めたよ!(汗)





さすが~晩酌用の越乃寒梅を料理酒に使うオンナでござんす(爆笑)
f0042295_20534040.jpeg
仙台味噌は豆腐となめこ汁で頂いた! 美味しい。




八丁味噌は豆味噌だけど、仙台味噌は米味噌なんだ。




豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に伊達政宗が持参した仙台味噌だけは腐らなかった…




っつーか…塩分量が高いもの!(笑)
f0042295_20535575.jpeg

今晩は又『はたけんじ』師匠から大地の恵みが贈られて来ました!   





薩摩芋は川越産!  里芋は富里産!    (*≧∀≦*)





師匠! 御馳走さまです♫

f0042295_20541315.jpeg
末っ子の詩で今宵はお別れします。(笑)

f0042295_19131640.jpeg
クルーズディレクターの堀川さんが亡くなった。



橘家圓十郎兄さんから紹介されて船のクルーズ仕事に乗り込みましたー。



懐かしいな~ふじ丸♬
f0042295_19132835.jpeg
朝までコースが連日(笑)




一番右側のVサインをしてゐるのが堀川さん。




グッドバイ!  どうか安らかに眠れ。




写真は歌手のケィティ小林さん撮影のを許可を頂いてアップしました。

f0042295_22115139.jpeg
親父さんから再び本が(笑)




なかなか面白い♫
f0042295_22120644.jpeg
死をどう考えるかのテーマを読んだ後に…




NHKスペシャルで終末期医療の特集をやってました。




キチンと自分の人生をどうしたいのか? どういう終わり方をするのか?





元気なうちに意思表示をした方が良さそうです。




家族や医療の現場も困るから…

f0042295_08412011.jpeg
樹木希林さん逝く。
f0042295_08413168.jpeg
懐かしのコマーシャル♫




そうでない方はそれなりに…希林さんが考えた名文句。




どうか安らかに眠れ!

f0042295_09400123.jpeg
ご近所さんだった…ひびきわたる先生が亡くなりました。





8月下席の新宿末廣亭さんでご挨拶したのが最期。





楽屋の憚りで鍵を掛けずに用を足してましたら…





開けて入ろうとされたのが…ひびきわたる先生(笑)





自分のナニを片手で持ち(汗)反対側の手で扉を押さえて、高座に聴こえない音量で…





『入ってます!』       (ToT)/~~~





ご冥福をお祈りいたします!

f0042295_22020382.jpeg
朝のNHKニュースで桂竹丸師匠が!




鹿児島県知覧から飛び立った特攻隊の悲劇を落語で伝えてらっしゃる様子を放送してました。




戦争の愚かさや悲惨さを伝える語り部の役割はますます重要だと実感。
f0042295_23005036.jpeg
正午にワタシも黙祷しました。




沖縄戦でご主人を亡くされた大正5年生まれの芹ヶ野春海さん(102歳)のコメントに涙が出た。
f0042295_22023041.jpeg
皇位を皇太子殿下へ譲られる今上陛下は最後の戦没者慰霊追悼式に。
f0042295_22024569.jpeg
ワタシもにっぽん丸『グアム島・サイパン島クルーズ』の際に洋上から




バンザイクリフで静かに手を合わせました。




にっぽん丸の鎮魂の汽笛が耳に残っています。
f0042295_22025960.jpeg
今上陛下の誕生日である12月23日に…




東条英機首相をはじめとするA級戦犯の刑が執行された事実を皆さんはご存知でしょうか?

f0042295_22031457.jpeg
アメリカ合衆国やイギリスやソビエト共産党などの聯合国が全て正しいとは思っていません。




悔しいけど、負けたのは事実。





ミズーリ号の甲板上で軍部代表として降伏文書へ署名する梅津美治郎参謀総長。

f0042295_08415078.jpeg


我が子に日本とアメリカ合衆国をはじめとする聯合国と戦争していた事を話すと末っ子はビックリ!




そりゃそうだ。父親であるワタシも戦後の戦争を知らない世代だもの…




でも未だ73年しか経ってません。




慰霊の旅を続けていらっしゃった天皇陛下の御気持ちを…暫し考える。





平成の御代が変わってもこの気持ちは絶対に忘れてはいけない。
f0042295_22033330.jpeg
招魂社として大村益次郎が建立した靖國神社は戦後…一宗教法人になりました。

f0042295_22035294.jpeg
ワタシも千鳥ヶ淵戦没者墓苑へ。こちらは旧賀陽宮邸跡だった土地。




父方の祖父(谷田 績)は帝国陸軍の中尉として南方スマトラ島へ出征。幸いにも生還。





母方の祖母の弟は学徒出陣で海軍へ。フィリピン沖で戦死してます。
f0042295_22041003.jpeg
神道・仏教・キリスト教など宗旨は関係なく…




また軍属・民間人も関係なく静かに手を合わせられるのはありがたいと思う。
f0042295_22042639.jpeg
名前も判らない同胞の遺骨が眠ってます。




どうか安らかに眠ってください。

f0042295_22044129.jpeg
靖國神社へ。
f0042295_23064783.jpeg
防弾チョッキを着た機動隊員も多数。小競り合いがあったり異様な空気。


f0042295_22052069.jpeg
帝国軍人の軍服を着用した方々や…あろうことか⁉ ナチスドイツの軍服を着用した人も居た!




あの方はアドルフ・ヒトラーの著書『我が闘争』を読んだことがあるのかしら?




『日本人は劣等民族。ただ、日本人は小器用なので、我が国(ドイツ)にとって利用価値がある。』




最後の海軍大将である井上成美は『我が闘争』を読んで、ヒトラーのマキャヴェリズムを知っていた。




日独伊三国同盟に最後まで反対したのは日本人を侮辱するヒトラーの腹の内に気が付いたから!
f0042295_22053267.jpeg
このレリーフを眺めていると正直…いい気持ちはしませんでした。





靖國神社は英字新聞では一時期『WAR  SHRINE』戦争神社と訳された事も。





因みにNHK大河ドラマ『西郷どん』の主人公である西郷隆盛は祀られてません。



f0042295_12244007.jpeg
谷中三崎坂(さんさき坂)にある全生庵へ。
f0042295_12245893.jpeg
三遊亭圓朝師の御命日です。




静かに手を合わせました。
f0042295_12252302.jpeg
圓朝師のお墓の両側には二代目・圓生師と弟子の三遊亭ぽん太さんのお墓も並んで眠ってます。
f0042295_12254866.jpeg
山岡鉄舟公の御墓参りも。
f0042295_12260622.jpeg
中曽根康弘総理も此方で坐禅を組んでました。

f0042295_12262317.jpeg
三遊亭圓朝歿後…118回目の法事です。




古今亭志ん駒師の法要も併せて執り行いました。
f0042295_12264519.jpeg
高座扇の御焚き上げ。
f0042295_12270565.jpeg
札幌から…とん暮さんが来てました。ビックリした。(笑)




住出くんといい…フットワーク軽い!





皆さん〜暑い中を御苦労様でござんした。

f0042295_21105556.jpeg
8月9日は長崎原爆の日。11時02分に黙祷。




長崎純心学園の生徒さん達が歌を歌ってました。




落語協会の仕事で純心学園の体育館で寄席を楽しんでもらったなぁ。
f0042295_21110931.jpeg
今朝の東京新聞の記事で、原爆3発目を急いでいた事実を知りました。




鈴木貫太郎内閣が終戦工作をなんとしてもやろうと揉めていたのを番組特集や本から知って…




御聖断が…あと数日ズレ込んでいたら…考えただけでも恐ろしい。




新潟も標的だったのか。





広島や長崎原爆の惨状を見たトルーマン大統領が衝撃を受けて閣僚会議でこれ以上の原爆投下を禁止。




原子力発電もそうだけど、あれだけの事故があっても未だ懲りないのは愚か者だ。




小倉出身の兄弟子の呟きが忘れられません。




『俺の故郷も標的だったんだよね。天候不順で急遽…長崎上空へ変更された。』




9日の産経新聞ではアメリカ合衆国の『マンハッタン計画』に関して、




ルーズベルト大統領とチャーチル首相との間で【ドイツではなく、日本に原爆投下をするように】




密約していた事実が記事にありました。




何が正義だ!





ワタシは核兵器は絶対に無くさないとイケナイと考えてます。