<   2019年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

f0042295_21284473.jpeg
残念なお知らせ…

f0042295_16222674.jpeg


浅草界隈で必ずお邪魔していた喫茶アンヂェラスさんが3月17日で閉店されます(涙)
f0042295_21290144.jpeg
プリン・アラモード!  🍮
f0042295_21291684.jpeg
哀しい。


f0042295_16224475.jpeg
昭和の雰囲気がするあの店内も…
f0042295_12050196.jpeg
王様になった気分で階段を降りると~

f0042295_12051787.jpeg
宝石箱のようなショーウィンドウ♬


f0042295_12052820.jpeg
『端から端まで全部よ!』





一回でいいから…言ってみたかったわ♬(笑)

f0042295_12054880.jpeg
苺タルト!

f0042295_12055878.jpeg
サバラン! 酔っぱらいます。
f0042295_12061141.jpeg
檸檬タルト!
f0042295_12062207.jpeg
リング・シュークリーム!

f0042295_16232718.jpeg
アンジェラス(黒)・(白)!




まもなく終了します。

f0042295_20223461.jpeg
都区内パスを使って新宿末廣亭にある喫茶『楽屋』で打ち合わせ♫




はたけんじ師匠にバッタリと逢ったっけな御座候(笑)




落語協会事務所へ寄って東京駅で途中下車。





八重洲地下街の『みはし』へ!
f0042295_20225251.jpeg
久しぶりなの…  ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

f0042295_18341609.jpeg

芝は大門(だいもん)。吉原は大門(おおもん)。
f0042295_10525357.jpeg
芝の増上寺へ。




征夷大将軍が住んだ江戸城から見ると鬼門にあたる『艮・うしとら』北東の方角に『寛永寺』。




裏鬼門にあたる『坤・ひつじさる』南西の方角に『増上寺』。




※ 江戸城の真北は『日光東照宮』になります。北極星信仰だなあ♬





因みに徳川宗家の徳の字だけは戸籍上『德』♬





横に一本ぼうが入ります(笑)
f0042295_10593076.jpeg
今回お邪魔した目的は徳川将軍家の霊廟である『御霊屋・おたまや』が公開される為。




この門は元々、六代・徳川家宣公の宝塔前にあった中門を移築したもの。




家宣公は新井白石などを登用した将軍さま。

f0042295_11000214.jpeg
今迄この墓所の中へ入った事は無かったノデアリマス。





とても神聖な域へ。緊張した(汗)
f0042295_20275282.jpeg
立派な霊廟だったんだな…




f0042295_11005623.jpeg
此れはアメリカ軍の大空襲によって焼失した南御霊屋にあった二代将軍・徳川秀忠公の宝塔。




正義の戦争なんてこの世の中には無いね。




江戸幕府を開いた初代将軍・徳川家康公は静岡市駿河区久能山東照宮に埋葬されました。




駿府城で息子の秀忠公に遺言を遺します。




『遺骸は久能山へ埋葬したのちに日光へ改葬せよ。』




※ 久能山東照宮と日光東照宮を線で結ぶと中心がなんとまあ! 霊峰富士山の頂上になります。




※ 改葬の行列が霊峰富士の前で仮の安置所を造りました。此れが『御殿場』!
f0042295_11013375.jpeg

実は…増上寺本堂北側にあるこの墓所は戦後に改葬され合祀されたものです。
f0042295_11015466.jpeg
明治の廃仏毀釈で、徳川家の土地や寺院なども影響を受けました。




北御霊家には六代・家宣公、七代・家継公、九代・家重公、十二代・家慶公、




十四代・家茂公、その正室である皇女・和宮等の霊廟・宝塔・亡骸が埋葬されていました。




アメリカ軍の大空襲で焼失し、戦後焼け野原になり荒廃のまま。




1969年の東京オリンピックの際にホテル建設を任されたのが、西武鉄道の堤康次郎。




外国人を迎えられるホテルは帝国ホテル、ホテルオークラ、ホテルニューオータニの三軒だけ。




現在の東京プリンスホテルの場所に北御霊屋が合った訳(汗)





その際に昭和33年から発掘調査をし、戦災で焼け残った宝塔を現在の場所へ改葬。
f0042295_20370067.jpeg
九代・家重公の肖像画。


f0042295_14410909.jpeg
宝塔の下に埋葬されていた御遺体から身長・死因などをDNA鑑定し、桐ケ谷斎場で荼毘に付され改葬。





仙台の伊達政宗公などの霊廟をお邪魔した時を思い出します。

f0042295_11033120.jpeg
この地図のが判りやすいかな?




ピンク色の部分が現在の東京プリンスホテルが建っている場所。





水色の部分が現在の増上寺境内でござんす♬


f0042295_20342479.jpeg

北御霊屋と反対の南御霊屋に二代・秀忠公とその正室である江与の霊廟がありました。


f0042295_20343584.jpeg

※ 江与(お江の方)は三代・家光公、駿河大納言・忠長公、東福門院の母。浅井三姉妹の末娘。


f0042295_11020663.jpeg
ほら? 空襲で焼けるまでは増上寺の境内はこんなにも広大です♬




六代・家宣公霊廟を参詣した永井荷風は『霊廟』の中で…




【広大なる此の別天地の幽邃(ゆうすい)なる光線と暗然たる色彩と冷静なる空気とに
何かしら心の奥深く、騒しい他の場所には決して味はれぬ或る感情を誘い出される】


f0042295_10540338.jpeg
春は直ぐ其処まで来ています♫

f0042295_09013899.jpeg
贈って頂いたミカン『はるみ』美味しい!





ありがとう御座います♫     ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

f0042295_14565517.jpeg
再び『井戸の茶碗』の舞台へ(笑)
f0042295_14571455.jpeg
我ながらよく自転車を漕いでるわ♫
f0042295_14573193.jpeg
高輪ゲートウェイ駅などの辺りも江戸時代は海だった筈。




そういえば〜3代目春風亭柳朝師は俗に『初音屋の柳朝』と呼ばれたそうです。





芝の初音屋と言う駕籠屋の倅だった。
f0042295_15291138.jpeg
高輪大木戸から品川宿までは『引手茶屋』がズラリと(笑)



f0042295_15293078.jpeg
京のぼり、東下り、伊勢参り。





高輪ゲートウェイでなくて、『高輪大木戸駅』でも良かったのに…


f0042295_15295197.jpeg
この高輪大木戸を北上すると『札ノ辻』!



f0042295_14575425.jpeg
芝高輪北町から自転車で、桂坂を登る!
f0042295_14580925.jpeg
坂道特集で纏めておきます♫





鬘を被った僧侶が品川宿からの帰途で急死って何?





引手茶屋で何があった❓(爆笑)

f0042295_14582846.jpeg
この高輪消防署の二本榎出張所は東京都の歴史的建造物。




ステキな建物。
f0042295_14584657.jpeg
桂坂を登ると高輪の旧町名もまた味わいがあります。




四十七士の事も書いてある。




其れは細川家下屋敷のシイの樹の部分で…
f0042295_14590247.jpeg
都電の線路があった所を現在では都バスが走っている感じ。




明治学院の学生さんは都電『二本榎』停留場で降りたのか。




我が家の近所に住んでいた往年の二枚目俳優『池部良』さんも入新井第二小学校から明治学院へ。
f0042295_14591604.jpeg
二本の榎が旅人の目印だったのが、町名の由来か♪





イイね!

f0042295_14593542.jpeg
さて天神坂を下り…
f0042295_14594897.jpeg
伊皿子坂や魚籃坂や幽霊坂など坂道愛好家には溜まらない場所!





坂道特集で纏めておきます(笑)
f0042295_15000517.jpeg
目指すは『清正公さま』と呼ばれる日蓮宗『覚林寺』。
f0042295_15002436.jpeg
紋が加藤清正公の蛇の目。
f0042295_15004021.jpeg
江戸ッ子に愛された加藤清正公。




大田区池上本門寺の表参道にある『此経難持坂』(しきょうなんじざか)も清正公の土木建築。




明治神宮内にも『清正の井戸』があり、パワースポットとして有名です!
f0042295_15011178.jpeg
毘沙門天が祀ってます♫




日蓮宗の髭題目。
f0042295_15013441.jpeg
『井戸の茶碗』の屑やさん達もこの境内でお弁当をつかったんでしょう(笑)






『千三つ』と云う言葉はこの噺で覚えた♬



f0042295_15015872.jpeg
屑や清兵衛さんが鉄砲笊を担いで仏像を売った細川家の下屋敷にあったシイの樹が有りました!    ♪───O(≧∇≦)O────♪

f0042295_15043172.jpeg

外科的手術をして遺している。

f0042295_15050622.jpeg
立派なシイの樹!

f0042295_15052916.jpeg
昨日泉岳寺でお参りした四十七士等がこの細川家の下屋敷で最期を迎えました。





大石内蔵助もこの屋敷で…

f0042295_15063519.jpeg
江戸は直ぐ其処にあります。

f0042295_09503512.jpeg
『井戸の茶碗』の舞台へ。




屑や清兵衛さん『屑~い♬ 屑やお払い~♬』
f0042295_09450908.jpeg
西應寺の裏長屋に浪人・千代田卜斎が住んでいた設定。




なるほどー西應寺さんの裏手側は狭い路地になってます。
f0042295_09453367.jpeg
『七曲り』は大名の御用商人が軒を並べていたそうです。




芝っつーか元々は『柴村』なのな(笑)


f0042295_09455489.jpeg
長女が通う戸板女子短大裏にある港区立芝小学校。
f0042295_09463106.jpeg
此れが『七曲り』と呼ばれる道。




薩摩藩邸があったので、兵に攻め込まれないようにした筈だ!
f0042295_09465044.jpeg
渡辺真知子さんの歌『迷い道』ではありやせんが…(笑)
f0042295_09470792.jpeg
マジ!!!!!     曲がり道〜くねくね〜♫
f0042295_09472423.jpeg
此方が噺の中に登場する『浄土宗・西應寺』さん。
f0042295_09475202.jpeg
鎌倉時代から続く歴史ある寺院。鎌倉幕府・最後の執権である北条高時の末娘が開いた寺院。





第二次世界大戦のアメリカ軍の空襲で焼け野原に…

f0042295_10041454.jpeg
先程の高輪『東禅寺』さんはイギリス公使館。





西應寺さんにはオランダ公使館が置かれた。




f0042295_09480988.jpeg
町内会の名称に旧町名由来が残ってます。
f0042295_09482375.jpeg
東京女子学園を右折すると直ぐに左折。





左側に港区立芝小学校、戸板女子短大を観ながら『七曲り』をくねくね〜(笑)

f0042295_21160009.jpeg
自転車の鍵を修理しがてら、サイクリング(笑)




大森から八ツ山踏切まで。
f0042295_21163162.jpeg
品川駅前にある柘榴坂を渡って…
f0042295_21170028.jpeg
高輪にある東禅寺を初めて訪ねてみた。
f0042295_21172438.jpeg
山川出版社『詳説日本史』には東禅寺事件とあります。




1861年に水戸脱藩士の襲撃を受けたと。自分で訪ねてみないと判らないよな…




1860年(万延元年)ハリスの通訳・オランダ人ヒュースケンが薩摩藩浪士に殺される。




1862年(文久2年)生麦事件(神奈川宿で、島津久光の行列を横切ったイギリス人が殺傷される。)




大河ドラマ『西郷どん』でもやってました(笑)




同年にはイギリス公使館焼討ち事件➡




(品川御殿山に建築中のイギリス公使館が高杉晋作・井上馨・伊藤博文等に襲撃され全焼。)

f0042295_21174914.jpeg
静かな境内へ。
f0042295_21181509.jpeg
三重塔や…
f0042295_21184869.jpeg
立派な禅寺!

f0042295_21190855.jpeg
お次は高輪ゲートウェイ駅を横目に泉岳寺へ。
f0042295_21193397.jpeg
大石内蔵助の銅像。
f0042295_21200414.jpeg
浅野家の鉄砲洲にあった上屋敷の裏門を移築したそうです。
f0042295_21202349.jpeg
12月14日の討ち入りの日は来てなかったんで…
f0042295_21204359.jpeg
静かに手を合わせて参りました。
f0042295_21211450.jpeg
瑶泉院(浅野内匠頭夫人)の墓前。


f0042295_21214061.jpeg
おー!丸に違い鷹の羽。


f0042295_21220353.jpeg
浅野内匠頭長矩公の墓前。
f0042295_21222429.jpeg

大石内蔵助の墓前。

f0042295_21224390.jpeg
吉良上野介の首を取った義士達の引き揚げ行列。
f0042295_21225959.jpeg

『義』の文字。



f0042295_08564076.jpeg
爪は死んだ皮膚(苦笑い)


f0042295_08565413.jpeg
昔からの言い伝えとはいえ…



f0042295_08570507.jpeg
戦国時代の『夜詰め』が由来だったのか!!!!!

f0042295_16482507.jpeg
お昼はカミさんと釜揚げうどんにしよう。




食後の運動がてら自転車に乗って洗足池へ♫
f0042295_16373235.jpeg
勝海舟ご夫妻の御墓参りをしました。
f0042295_16374734.jpeg
西郷南洲(隆盛)と江戸無血開城を成し遂げた江戸三舟の一人。





三舟とは山岡鉄舟・高橋泥舟・勝海舟の幕臣です。
f0042295_16380485.jpeg
猪俣公章氏の内弟子だった坂本冬美さんはこの洗足池河畔でレッスンをしていたそう♫
f0042295_16382288.jpeg
馬込には名馬『磨墨塚』があります。




宇治川の合戦で御馴染みの名馬『池月』は洗足池付近の産。




梶原景季は名馬『磨墨』。佐々木高綱は名馬『池月』~有名な宇治川の先陣争い。
f0042295_16383987.jpeg
あら? 桂ですってよ!(笑)

f0042295_16385517.jpeg
東急池上線『洗足池駅』側にはこんな低い抜け道が!
f0042295_16391470.jpeg
目の前を車両が…線路に入ってはいけません!
f0042295_16393021.jpeg
帰り道に南馬込にある熊谷恒子記念館を初めて訪ねてみました♫
f0042295_16551290.jpeg
現代女流かな書の第一人者で、美智子様にも書のご進講を拝命されました。


f0042295_16552941.jpeg
記念館内は撮影禁止なので、パンフレットを参考までに。



f0042295_16394576.jpeg
やわらかい『かなの書体』は良いもんです!

f0042295_09064333.jpeg
第4回『ひらそば落語会』♫





大将から『そろそろ常連さんが師匠の噺を聴きたい!』





『じゃあ~何日にしましょうか?』






アバウトでしょう。不定期に落語会をやっています。





限定20名のシークレット落語会(笑)
f0042295_09070266.jpeg
楽しい宴でござん👅








大将・女将さん〜ありがとう!        (*≧∀≦*)


f0042295_11315239.jpeg
頂いちゃった♬